2017年12月30日

飛び交う飛行機雲

夕暮れの空は、満身創痍だ。

DSC_5981.jpg

posted by 藤崎慎吾 at 18:02| Comment(2) | 日記

チョウゲンボウ

ベランダの壁の上に、チョウゲンボウがやってきた。こんなに至近距離で見たのは初めてだ。かつて科学雑誌の編集をやっていた時、都会に進出する野鳥の記事を掲載したことがある。チョウゲンボウのイラストは、タイトルページだった。

DSC_5971.jpg

posted by 藤崎慎吾 at 18:00| Comment(0) | 日記

2017年12月20日

死ぬ夢

昨夜、たぶん生まれて初めて死ぬ夢を見た(妙な言い方だが)。船に閉じこめられたまま海に沈んで、溺れ死ぬのだ。普通は死ぬ直前で目が覚めたりするものだが、今回はそのまま死んでしまった。恐怖と息苦しさは一瞬だけで、気がつくと死んで幽霊になっていた。同じ船に居合わせた人たちも幽霊になっており、「意外と苦しくはありませんでしたね」「そうですね」などと声をかけ合った。そして、ふわふわとそのへんを歩きまわったのだが、驚いたことに壁を通り抜けることができない。わざと柱にぶつかっても、当たり前にぶつかったままなのだ。やっぱり近くにいた幽霊に、「見てください、通り抜けられないんですよ!」などと訴えながら、ひどく落胆していたのを覚えている。その時点で「あれ、生きているんじゃないか」という疑問を抱いてもよかったはずだが、どういうわけか死んだと思いこんでいた。幽霊になっての楽しみなんて、壁を抜けることぐらいしかなさそうなのに残念だ。世の中は死んでもなお、ままならないのかと、切ない気持で目が覚めた。

DSC_5747.jpg

posted by 藤崎慎吾 at 13:38| Comment(4) | 日記