2019年05月25日

ハルジオン

DSC_1858.jpg

ハルジオンとヒメジョオン、いつも、どっちかなと思ってしまう。そのたびにググる。花びらが糸のように細くて、ピンクがかっていて、つぼみがうつむいていて、葉っぱが茎を抱いているのがハルジオン――だから、これはハルジオン。だけど、きっと来年はまた、どっちだかわからなくなっている。

そういう生き物は、ほかにもある。魚だったらハタタテダイとツノダシ。しばらく潜らないでいると、わからなくなってしまう。並べれば、ちがいは一目瞭然なんだけど、名前がどっちだったかねえ……という具合。人間でもあるけど、こっちは怒られそうなんで言わないでおく。

posted by 藤崎慎吾 at 16:25| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
ファンタジーの世界ですが、麒麟と龍も体型は違えども顔だけ見ると私には見分けがつきません。ハルジオンは穏和な麒麟、ヒメジョオンは活発な龍というか西洋のドラゴンのイメージです。
可憐な花を霊獣にたとえてすみません。
Posted by てんてん at 2019年05月26日 14:12
いや、麒麟と龍に見立てるのは、かなり画期的ですね。それなら来年まで覚えていられるような気がします。いっそ「キリンジオン」と「リュウジョオン」にしてしまえば、ますます忘れそうにない。ありがとうございます!
Posted by 藤崎慎吾 at 2019年05月26日 15:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: