2017年08月25日

米田絵里さんの『ハイドゥナン』ワールド詳細

8月5日の記事で『ハイドゥナン』のイメージイラストを紹介しましたが、描いた米田さんからオフィシャル(?)なスキャン画像をいただきました。ぜひ拡大して、じっくり御覧ください。

img61_1.jpg

ユウナの花々に抱かれたヒロインと彼女の三線、背景に木星の衛星エウロパ……壮大なスケールの空間が、こんなにも愛らしく表現できるとは考えもしませんでした。さて三線にとまったトンボと、エウロパに伸びていく二重螺旋の意味とは?

img62_1.jpg

こんなに柔らかいタッチで描かれた「しんかい6500」を、かつて見たことがありません。右下に描かれたサソリは「ンニムヌ」の象徴です。その魔手から逃れて、一頭の蝶が水面に浮かぶ主人公のもとへ飛んでいきます……

img60_1.jpg

これは果たして悲しい結末でしょうか。それともハッピーエンド? 人によって受け取りかたは様々です。サバニの上に揺れているのは「シダディ」です。夢のように美しい異世界……僕も行ってみたい。

DSC_4505.jpg

Mさんから「しんかい6500」の描かれた絵を、いただきました。リビングで上のように飾っています。右下のタイルに印刷されているのはゴッホ「ローヌ川の星降る夜」ですが……負けてない。全然、負けてないぞ!

posted by 藤崎慎吾 at 00:20| Comment(6) | 日記
この記事へのコメント
こうして改めて3枚を拝見すると、溜め息ものですね。
僕も退院したら何処に飾ろうかな。

ところで、9月14日に退院することになりました。
出来ないことがたくさんあるけど、歩行だけは、杖を頼りにゆっくり歩けるようになりました。
自宅に戻ってからがリハビリの本番になりそうです。
退院までに、筋力と体力をもっとつけないと!
Posted by take at 2017年08月27日 17:24
takeさん、退院の日が決まったとは朗報です。あと3週間もないので、あっという間でしょう。若い看護婦さんとは仲良くなりましたか? 最後まで入院生活をエンジョイしてください。
Posted by 藤崎慎吾 at 2017年08月28日 00:03
米田さんの3枚の絵、拡大してじーっくり観させて頂きました。
なんとも幻想的で美しく優しさに溢れていますね。
『ハイドゥナン』のいろんなシーンが思い出されて改めて感動に浸っています。
おや、最後の絵はゴッホの『ローヌ川の星降る夜』ではないですか!ゴッホの中でも名画ですよね。まさか、本物???・・んなわけ、ないですよね!
確かに、米田さんの絵は負けてない、です。

takeさん、退院の日が決まって良かったですね。
また、いつかお会いできる日を楽しみにしておりますので、リハビリ頑張って下さいネ!

Posted by みやび at 2017年08月28日 15:12
今回、米田さんにお願いして書いて頂いた3枚の絵、ハイドゥナンという大作を元にしているので1枚でまとめるのは難しいだろうなという思いもあり3枚お願いしました、小説をしっかり細部まで読んで頂き、その世界観を見事に描き出して頂いた米田さんの感性と技術には改めて感謝申し上げます、彼女からは原画を印画紙にプリントして頂いた作品も頂きました、こちらもきちんとした額に入れて飾っています、またそれをカラーコピーした物もいくつか用意してありますので、またお会いできる機会があればコメント仲間の皆さんにもお渡し出来ると思います、また皆さんとお会い出来る日を楽しみにしています。
Posted by Mくん at 2017年08月28日 19:52
「中に入ってしまいたい絵」っていうのが、ありますよね。僕にとってはゴッホや田中一村、フェルメールなどの多くの作品がそうなんですが、米田さんの絵にも同じような魅力を感じます。ちなみにカラヴァッジョの作品も大好きなんですが、あの中に入りたいとは決して思いません。怖くて。
Posted by 藤崎慎吾 at 2017年08月28日 21:21
藤崎先生、みやびさん、ありがとうございます。
リハビリ病院は土日祝日もないので、結構たいへんでした。食事は1日1600kcl。体重が日々減ってきて、いま59kg。3か月前より7kg減りました。脳卒中再発防止のため、リバウンドに注意が必要ですが、ちょっと戻さないと(笑)
Posted by take at 2017年09月03日 12:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: