2017年06月29日

『風待町医院 異星人科』装画の別バージョン

昨日、Mさんの計らいで『風待町医院 異星人科』の装画を描いて下さった米田絵里さんに会いました。これまでも編集者やデザイナーを交えた打ち合わせで、装画担当の画家さんと顔を合わせることは何度かありました。しかし出版後に読者の方を介して、初めてお目にかかるというパターンは全く想定していませんでした。挨拶を交わしながら、ちょっと不思議な感じもしましたが、うれしくないわけがありません。おそらく、これまでで最も私のイメージにぴったりの装画を描いて下さった方ですから――Mさん、米田さん、いい出会いをありがとうございました。

米田さんは描かれる絵の雰囲気そのままで、どこかへふわふわっと漂いだしてしまいそうな感じの可憐な方でした。……いや、べつに軽々しいとか、そういう意味じゃありませんので念のため(笑)。

さて標題の話です。そう、あの本の装画には2種類の別バージョンがありました。編集者やデザイナーと私がやり取りする中で現在の装画に落ち着いたわけですが、個人的には他の2種類も捨てがたく、非常に迷いました。思わず家族やら兄弟やら友人にまで、意見を聞きまわったくらいです。

今回、米田さんのご好意で、その2種類をご紹介できることになりました。しかも文字組み抜きの絵そのままです。これまた、うれしい。画像をクリックすれば拡大されますので、ぜひじっくり、ご覧になってみてください。上から装画に採用されたバージョンA、そして初公開のバージョンB、バージョンCです。BとCは、いずれもラフで完成品ではありません。

kazemachi02.jpg

kazemachi_b_02.jpg

kazemachi_c1_02.jpg

皆さんは、どれがいちばん好きでしょうか? 私としてはバージョンAとバージョンCで、ほぼ同列です。今なお「Cにするべきだったかな」と迷っているくらいです。描いたご本人も、いちばん感情が入っているのはCかもしれないとおっしゃっていました。

米田さんのサイトへ行けば、他にも素敵な絵をたくさん見られます。中でも「緑の器」は、まるで『風待町医院』の挿絵として描かれたみたいだと勝手に思っています。水中の絵も臨場感がありながらファンタジックで、つい引きこまれてしまう。しかし意外なことに、米田さんは潜らないそうです。またいつか、装画や挿絵を描いていただく機会があればいいなと思っています。

posted by 藤崎慎吾 at 20:26| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
昨日はありがとうございました、自分にとってもとても大事な出会いが出来たと思っています。それにしてもこの3バージョン確かに迷いますね、Cバージョンからは去っていった宇宙人達へのモトヒコくんの想いが伝わってくる様な気がしますし、Bバージョンは米田さんの優しさが溢れているように感じます、改めて彼女の感性に敬服すると同時に素敵な出会いを導いてくれた不思議なつながりに感謝します!!7月末が益々楽しみになりました。
Posted by Mくん at 2017年06月29日 23:17
先日はご多忙のところ、お越しいただき、有難うございました^_^
感激しました。リハビリを頑張ります!

3枚の絵。みんな素晴らしいですね。
挿画になれば良かったですね。
少年が大きく描いてあるので表紙には良かったのかな。確かに3枚目良いですねぇ。
あと1話で読み終えます。読み終えるのが寂しい感じ。出版社さん、続編を希望します!
Posted by take at 2017年06月30日 08:11
先日はお忙しい中お時間を作って頂きありがとうございました。
こうしてご紹介もしていただき(何やら身に余るお言葉も頂戴しておりますが・・!)大変恐縮なのですがとても嬉しいです。
お仕事のお話だけでなく色々なお話をさせて頂けて、またお聴かせいただき、とても楽しいお時間でした。
なかなか作家の方にお会い出来る機会はないので、貴重な機会を与えてくださったMさん、本当にありがとうございました!
また何かの機会でお目にかかれましたら幸いです。
Posted by 米田絵理 at 2017年06月30日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: