2017年04月23日

ポンペイ島(その1)

『深海大戦』シリーズで主要な舞台の一つとなったポンペイ島を、かれこれ6年前に取材した時の写真――今さら人に見せてどうするという気もしますが、ご興味のある方はどうぞご覧ください。

P1010217.jpg

海上都市遺跡「ナン・マドール」の一部です。


P1010228.jpg

代表的な人工島「ナン・ドワース」にある城壁のような遺構。沖縄のグスクを思わせる。手前に立っているのは現地のガイド――〈イソケレケル〉に搭乗するコズモのイメージ的なモデルです。


IMGP7731.jpg

ガイドの隣にいる女性は遺跡を「所有」するナンマルキ(首長)の使用人で、見学料を徴収に来ました。実に印象的な面構えです。


IMGP7668.jpg

ナン・ドワースの中心部を囲う外壁の中に入っていくと……


IMGP7674.jpg

王または首長の墓とされる石室があります。


IMGP7685.jpg

石室の内部は地面が少し掘り下げてあり、天井を見上げると、そのまま「あっちの世界」へ連れていかれそうな気分になります。戻ってこられて、よかった。

posted by 藤崎慎吾 at 16:08| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
ストーンエイジシリーズの「レゼシー・ド・タヤック村」、ハイドゥナンの「与那国島」、そして深海大戦の「ポンペイ島」、どれも訪れてみたい場所ばかりです。
Posted by Mくん at 2017年04月26日 21:44
あれ、石垣島はよく行かれているようなのに、与那国島はまだでしたか。私もすっかり、ご無沙汰していますが……。
Posted by 藤崎慎吾 at 2017年04月27日 11:00
ナン・マドールって、本当にあるのですね!
向こう側(カチャウ・ペイディ)にもいけそうな感じですね。
Posted by take at 2017年04月28日 14:07
あ、フィクションだと思ってたんですね。ナカップ島沖の海中に、遺跡らしきものがあるのも事実なんですよ。
Posted by 藤崎慎吾 at 2017年04月28日 17:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: