2019年05月08日

水のオブジェ

DSC_1852.jpg

写真とは関係ないが、とあるドキュメンタリー番組を見ていたら、10歳くらいの男の子とロボットが、次のような会話をしていた(記憶なので一字一句この通りではない)。

ロボット:人間は、これまで延々と生き続けてきた。
男の子 :人間は、ずっとは生きられない。せいぜい100歳くらいまでだよ。
ロボット:私は永遠に生き続けられる。誰かがスイッチを切らなければ。
男の子 :そうだね。
ロボット:人間も永遠に生きられたほうが、いいと思う?
男の子 :思わない。
ロボット:どうして?
男の子 :人間は生きることから自由になりたい、と思うこともあるから。

なんという会話だ。台本があったのだろうか。男の子の様子からは、そうは思えなかった。演技しているようには、全く見えない。もし演技なら、かなりの役者だ。

全部がアドリブだったら、男の子の最後のセリフは、どこかで読んだか、聞いたかしたことの(無意識的な)受け売りだろうか。そうではなく、ほんとうにこの10歳の子供が思いついた答えなのだとしたら、天才だろうか。それとも10歳の子供は、みんな天才なのか。

「生きることから自由になりたい」

そう思わない日なんて、あるだろうか。

posted by 藤崎慎吾 at 16:31| Comment(4) | 日記