2019年01月06日

パックマンを探して

今日は部分日食だった。最大の食分は30%と、あまり高くはない。なので劇的な絵は期待できそうにないが、ピンホール効果で木漏れ日が光源の形になっていないか探しに出てみた。

まず、どんな形なのか確認しようと、安物の減光フィルタをつけたカメラを直接、太陽に向けてみた。すると太陽自体はボケてしまったが、面白いことにレンズフレアが欠けた形になっていた。太陽は上が欠けているが、フレアは下が欠けている。なんとなくパックマンみたいな形だ。

DSC_0667.jpg

その後、近所の雑木林に行ってみたが、あらかた落葉してしまって木漏れ日はほとんどない。かろうじて撮れたのが、下の写真――右向きに口を開けたパックマンたちがいる。

DSC_0671.jpg

密に葉が茂っている常緑の樹を探して歩いていると、路面にパックマンを見つけた。

DSC_0676.jpg

近所の公園ではサザンカの木漏れ日に、パックマンが隠れていた。

DSC_0698.jpg

わかりにくいかもしれないが、なんとなく……ね?

DSC_0684.jpg

posted by 藤崎慎吾 at 16:55| Comment(3) | 日記

2019年01月01日

2019年、明けましておめでとうございます。

DSC_0642.jpg

写真は愛用の「猪口」です。何ら特別な品ではありません。でも週に3度は、お世話になっています。これに4杯が約1合という見当で、チビチビやっています。こういう年ですので、たまにはスポットを当ててやろうと思いました。

猪口は通常「ちょこ」と読まれますが、もともとは「ちょく」と読むようです。あの形のどこが猪の口なのかと首を傾げますが、実は当て字だとか。「錘(しょう=中国の漢代に用いられた酒壺)」の呉音(古代日本に伝わった漢字音)か、あるいは福建音、朝鮮音に関係するなど、諸説あるらしい。おお、こんなところに「謎」が……。たまには辞書も、ひいてみるものです。しかし当て字にしても、なんで「猪」という字を選んだかなあ。

あ、猪口の下に敷いてあるコースターは、与那国島で買ったミンサー織りです。これは思い出の品と言えますね。

ところで突然ですが明後日1月3日18時より「アップタウン高円寺ギャラリー」という場所で新年会をやります。どなたでも、お気軽に断りなくおこしください。出入り自由です。たぶん22時くらいまでは、余裕でやっています。何か自分が飲み食いしたいものを1、2品お持ちください。

それでは、これからの1年、皆様が健やかで心穏やかな日々を過ごせますように!

posted by 藤崎慎吾 at 23:55| Comment(0) | 日記