2017年06月19日

ハルシャギク

近所のスーパーへ行く道すがら、ちょっと欧米風な景色に出会ったので切り取っておく。2、3週間前に同じ所を通った時は、全く目にしなかった。2、3週間後には消えているのかもしれない。

DSC_3697.jpg

DSC_3701.jpg

黄色い花はハルシャギクのようだ。北米原産で、明治時代初期に入ってきた帰化植物らしい。しかし名前の「ハルシャ(波斯)」は「ペルシャ」という意味なのだという。理由は不明。別名「蛇の目草」「孔雀草」

蕋(しべ)の朱が花弁にしみて孔雀草(高浜虚子)
孔雀草かがやく日照続くかな(水原秋櫻子)

DSC_3712.jpg

写真の木陰に腰を下ろして、しばし黄金色の草原に包まれてみたいが、この空き地は柵に囲まれていて入ることができない。

posted by 藤崎慎吾 at 17:58| Comment(0) | 日記