2017年05月06日

宿り木

昨夜は新宿ゴールデン街の近くにある無銘喫茶で、『深海大戦』3部作完結のお祝いをしていただいた。店長日替わりの店で、その日は「宿り木」というバーになっていた。いつも、このブログにコメントしてくださるMさん、takeさん、どやんさん、ロゼさんと初めて顔を合わせることができた。みやびさんは、はるばる新潟から駆けつけてくださった。そして驚いたことに「たまたま」北海道から東京へ遊びに来ていた若者が「たまたま」店の前を通りかかり、「藤崎慎吾の読者です」と言って入ってきてくれた。一瞬、自分はベストセラー作家だったのかと勘違いしかけた。皆さん本当に素敵で個性的な方々ばかりだった。並んだ日本酒は10本近く――これまた、おいしくて個性的なお酒ばかりだった。やはり新宿はディープである。こういう出会いの場を設けていただけたのは、この上なく幸福なことだと思う。当日の様子はMさんのフェイスブックに詳しく紹介されている。

https://www.facebook.com/tadashi.matsumura.71/posts/323486421399439?pnref=story

「宿り木」店長のロゼさんは、詩人でアーティストだった。彼女から自作の詩のカードを1枚、譲っていただいた。

DSC_3062.jpg

昨夜は僕も、皆さんから心に草冠をのせていただいた気がする。与那国島では草冠を「タマ」と呼ぶ。ツカサ(巫女)は頭に草冠をのせて神と交感する。こちらも金の冠やダイヤモンドの冠ではないことに、奥深い意味がありそうだ。

「宿り木」は月に1、2回、開店するという。ロゼさんの詩のカードは、1枚100円で手に入れることができる。

posted by 藤崎慎吾 at 15:56| Comment(12) | 日記

変なやつら

東京都美術館でやっているブリューゲル「バベルの塔」展を見てきた。ヒエロニムス・ボスもピーテル・ブリューゲルも、予想していた以上に頭がおかしいと思った。やりたい放題だ。

http://babel2017.jp/

写真はオリジナルグッズのペーパーナプキンとピンバッジ。ボスやブリューゲルと、彼らの追随者たちによる変な生き物たちが、あしらわれている。歩く魚のフィギュア(海洋堂)も欲しかったが、ちょっと大きすぎたので買わなかった。

DSC_3055.jpg


posted by 藤崎慎吾 at 14:59| Comment(0) | 日記