2016年12月14日

折り紙(その2)

瀬名秀明さんが2年8ヵ月ぶりに出した最新作『この青い空で君をつつもう』の帯には「青春ラブストーリー」と銘打たれている。しかし個人的には「折り紙小説」と呼んでしまいたい。それくらい、怒涛のように折り紙が出てくる。おかげで読み終わったら無性に折り紙をしたくなった。特に作品中で最も登場回数の多い「ナマズ」を折ってみたくなる。そこで何十年かぶりに正方形の紙を手にした。やってみると途中までは「ツル」とほぼ同じで、わりとスイスイ折れる。しかし最後に大きな難関が待ち受けており、洋紙ではまず不可能だと悟った。作品中にも和紙でなければだめだと書かれているが、全くその通りである。しかし、わざわざ和紙を買い求めるのは、さすがに面倒だと思って、試しにハンカチで折ってみた。すると形を保つのに苦労はするものの、最後の部分は難なくクリアできた(正確には折り布だが、まあよしとする)。そんなことをやりながら「ああ、瀬名さんは主人公と同様、自分で山ほどの折り紙を折りながら、これを書いたんだろうなあ」という感慨を抱いた。

/DSC_0825.jpg
続きを読む
posted by 藤崎慎吾 at 22:31| Comment(0) | 日記

折り紙(その1)

このところ、ちょっと折り紙が流行っているような気がする。テレビの科学番組なんかで取り上げられているのを何度か目にしたし、大ヒットの『シン・ゴジラ』でも重要なモチーフとして使われた。おそらくパソコンによる折り紙の設計技術が確立したのと、幅広く産業に応用され始めたことなどが、きっかけだろう。しかし折り紙は過去にも何度か注目されたことがあった。僕も20年以上前に、外国人向けの記事を四苦八苦しながら英語で書いたことがある。宇宙開発分野などに応用され始めた日本の伝統文化を、新しい視点から紹介したのだ。それ以来、折り紙と科学との関わりについては常に注目してきた。当然、いつか小説のネタにしようと密かに目論んでいた。ところがボヤボヤしているうちに、先を越されてしまった。

/IntersectJapan.jpg
posted by 藤崎慎吾 at 22:10| Comment(2) | 日記