2017年09月11日

『螢女』聖地巡礼ツアー

週末、色々とご縁があって、今や絶版となっている拙著『螢女』のロケ地を約15年ぶりに巡ってきました。参加者は僕を含めて総勢3人です(笑)。あの物語に登場する「民宿」にも今回、初めて宿泊しました。すると驚くべきことが、わかりました。まず、その宿のご主人は(もちろん初めて会うわけですが)、物語中「刈場修造」という名前で登場する民宿の主人に(僕の頭の中では)そっくりでした。名前こそ異なりますが「2代目」というところも同じで、刈場と同様、薪割りを日常業務の一つにしています。さらに、そのご主人は『螢女』を読んでくれており、一緒に読んだ近所のお仲間5人とともに、大きな衝撃を受けたと言います。どうしてでしょうか?

もし本をお持ちの方は読み返していただきたいと思いますが、物語には主人公が幼いころに親しくしていた「澄子」という少女が登場します。彼女の家は「オーサキ」という一種の妖怪に取り憑かれて凋落し、澄子自身も不幸な運命をたどることになります。もちろん100%フィクションとして書きました。ところが宿のご主人の話では、かつて実際に「オーサキ憑き」の家が近所にあって、そこに澄子という名前の娘がいたというのです。物語の中でと同様「澄ちゃん」と呼ばれていたようです。15年の月日を経て、それを知った僕にとっても衝撃的でした。もっとも現実に存在した澄子さんは、物語の少女のように早世することはなく、70歳くらいまでは生きていたということです。

聞けば、その土地には今でもオーサキに憑かれた経験をもつ人がご存命なのだそうです。そして憑きものを「祓う」役目をしていた巫女のようなお婆さんも、つい最近まで活躍しており、宿のご主人はお祓いの様子を見たことがあるようでした(神楽鈴のような道具を使うのだとか)。どこかの山奥深くの話ではありません。都会から2時間ほどで行ける、どこにでもあるような山里です。100年前の『遠野物語』でもありません。まさに「これはこれ目前の出来事」であり、「願はくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ」という言葉が新鮮に聞こえてきます。こうして自分で書いていても、ちょっと背筋が寒くなるようです。

宿から近くの山に分け入って数時間歩くと、『螢女』では「クマノタワ」と呼ばれている不思議な雰囲気の場所に出ます。以下は、その時に撮った写真です。天気にも恵まれ、非常に気持ちのいいハイキングになりました。

DSC_4635.jpg

DSC_4643.jpg

DSC_4662.jpg

……という具合で、苔むした森の緑がとても美しい。

DSC_4672.jpg

岩の上をコブラのような樹が這っている。

DSC_4686.jpg

森の中に突然、開けた窪地が広がる。ここが神殺し伝説のあるクマノタワ(現実の地名とは異なります)。

DSC_4700.jpg

クマノタワの「主」とも思える大木。

DSC_4703.jpg

大木自体は立ち枯れているものの、太枝の上からは次世代の芽がふいている。

DSC_4708.jpg

根元には立派なサルノコシカケが。

DSC_4723.jpg

これは別の樹の切り株から出た蘖(ひこばえ)。

DSC_4726.jpg

天然のオブジェ――森は天才アーティストだ。

posted by 藤崎慎吾 at 13:05| Comment(3) | 日記

2017年08月25日

米田絵里さんの『ハイドゥナン』ワールド詳細

8月5日の記事で『ハイドゥナン』のイメージイラストを紹介しましたが、描いた米田さんからオフィシャル(?)なスキャン画像をいただきました。ぜひ拡大して、じっくり御覧ください。

img61_1.jpg

ユウナの花々に抱かれたヒロインと彼女の三線、背景に木星の衛星エウロパ……壮大なスケールの空間が、こんなにも愛らしく表現できるとは考えもしませんでした。さて三線にとまったトンボと、エウロパに伸びていく二重螺旋の意味とは?

img62_1.jpg

こんなに柔らかいタッチで描かれた「しんかい6500」を、かつて見たことがありません。右下に描かれたサソリは「ンニムヌ」の象徴です。その魔手から逃れて、一頭の蝶が水面に浮かぶ主人公のもとへ飛んでいきます……

img60_1.jpg

これは果たして悲しい結末でしょうか。それともハッピーエンド? 人によって受け取りかたは様々です。サバニの上に揺れているのは「シダディ」です。夢のように美しい異世界……僕も行ってみたい。

DSC_4505.jpg

Mさんから「しんかい6500」の描かれた絵を、いただきました。リビングで上のように飾っています。右下のタイルに印刷されているのはゴッホ「ローヌ川の星降る夜」ですが……負けてない。全然、負けてないぞ!

posted by 藤崎慎吾 at 00:20| Comment(6) | 日記

2017年08月12日

酔生夢死

二つ前の記事で紹介した長沼毅先生の座右の銘は「酔生夢死」だそうである。とても響きのいい言葉に思えるが、改めて国語辞典などを調べてみると「有意義なことを何もせず、無駄に一生を終えること」みたいに書かれている。

出典は北宋の儒学者、程頤の『明道先生行状記』という本で、そこに「高才明智なりと雖も、見聞に謬せられ、酔生夢死して、自らは覚らざるなり」とあるのが基になっているらしい。これがタイトルにある「明道先生」のことだとしたら、それはそれで何となく愛すべき人物のようにも思える。すごく才能があって頭もよかったんだけど、様々な見聞に惑わされて酒に溺れ、結局ぼんやり過ごしてしまった、みたいな……。

あれ、もしかして『長沼先生行状記』?

いやいや、まさかそんなことはありませんよね。

下は先生の写真をもとに、あるイラストレーターが描いた似顔絵だ。今ひとつ似てないのだが、遊び人的な風情はよく出ている。もし『行状記』を書くとしたら、やはりこういう絵を表紙にしたくなるかもしれない。

アオウミガメ2.jpg

先週、発売された先生のエッセイ『世界の果に、ぼくは見た』の解説には、そんな「行状」の一部が書かれている。

posted by 藤崎慎吾 at 00:48| Comment(0) | 日記

2017年08月05日

米田絵里さんの『ハイドゥナン』ワールド

『風待町医院 異星人科』のカバーイラストを描いてくださった米田絵里さんが、今度は『ハイドゥナン』の世界を3枚の絵に表現してくださいました。

DSC_4446.jpg

白い服の女性が米田さん。残念ながら顔出しはNGでした。

DSC_4442.jpg

DSC_4443.jpg

DSC_4444.jpg

いや、すごい。これを1ヵ月もかけずに仕上げてしまうとは……プロだなあ。僕としては単行本のカバーにある田中一村の絵を物語にしたようなつもりだったんですが、米田さんの絵によって、また別の方向からきらびやかな光を当ててもらった気分です。ありがとうございます。そして絵を個人的にオーダーされた(!)Mさんの慧眼にも感服です。この3枚を表紙にして再刊できたらなあ……。

ハイドゥナン.jpg

『ハイドゥナン』を読んで、じっくり米田さんの絵を見ると「ああ、なるほど」とか「おお、そうきたか」というような発見が、いっぱい出てきます。いずれ、ご本人の手によってきちんとスキャンされた画像を掲載する予定です。お楽しみに。

posted by 藤崎慎吾 at 19:24| Comment(7) | 日記

2017年07月29日

『世界の果てに、ぼくは見た』長沼毅

『辺境生物探訪記 生命の本質を求めて』の共著者で「科学界のインディ・ジョーンズ」こと長沼毅先生のエッセイ集が、8月4日に幻冬舎文庫から刊行されます。『世界の果てに、ぼくは見た』と改題されましたが、2012年に出た『時空の旅人 辺境の地をゆく』を文庫化したものです。しかし大幅に加筆・修正されている上、新しいエッセイが6本も追加されています。何より解説を書いているのが、藤崎慎吾です――これだけでも「買い」でしょう!

世界の果てにぼくは見た.jpg

本文の中でも『ハイドゥナン』とともに僕が「盟友」として紹介されています。長沼先生のブログなどでは「脳友」とか「酒友」などと呼ばれていましたが、この本では「盟友」にしていただきました。ありがとうございます。それも踏まえて、解説は容赦なく書かせてもらいました。でも少しやりすぎたようで、一部のエピソードは(最も面白いところだったんですが)割愛せざるをえませんでした。何が書いてあったのか、どうしても知りたい方は、個人的にこっそり聞きにきてください。

posted by 藤崎慎吾 at 20:21| Comment(0) | 日記