2017年11月20日

中国雑感5

SF大会では、どこを歩いていても声をかけられ、写真やサインをねだられた。講演では200人ほど入りそうな会場がほぼ満員になり、次々と質問の手も挙がって、時間内に答えきれないくらいだった。いい夢を見させてもらった感じである。しかし最後に厳しい現実も垣間見た。成都の大型書店を2軒ほど訪ねたのだが、一方にはSFコーナーが存在せず、もう一方には、あるにはあったものの目立たないところに棚半分くらいだった。中国でもSFは決して、メジャーなジャンルではないのである。

とはいえ終わった。無事に行って帰ってきた。楽しみというよりはプレッシャーだったが、半年間の準備が、おおむね活かせたと思う。様々な感慨はあるけれども、とにかく中国は色々な意味で奥深い。毛嫌いして遠ざけているだけでは済まない、というか、もったいないことは確かである。それを教えてくれた方々に、心から感謝したい。

DSC_5744.jpg

DSC_5746.jpg

posted by 藤崎慎吾 at 20:28| Comment(4) | 日記

中国雑感4

大会の合間を縫って、ちょっとだけ観光っぽいこともした。以下に並べるのは「錦里」という、古い街並みを再現した観光スポットの様子である。

DSC_5351.jpg

DSC_5356.jpg

DSC_5357.jpg

DSC_5365.jpg

DSC_5371.jpg

DSC_5385.jpg

DSC_5388.jpg

錦里には土地の神様を祀っている場所もあって、かなりのパワースポット感を醸しだしていた。岩手県遠野の「卯子酉様」に、ちょっと似ている。

DSC_5374.jpg

DSC_5375.jpg

錦里の屋台で食べたパイナップルチャーハンは、意外とうまかった。

DSC_5722.jpg

四川名物の火鍋も食べに行った。そこでは「川劇(京劇に似たもの)」風のショーや、「変面」という瞬間的に仮面を変えていくパフォーマンスなども行われたが、案外、目を惹いたのは店員のお姉さんが客の頭上で麺を振り回して延ばす芸(?)だった。

DSC_5346.jpg

DSC_5349.jpg

SF大会の会場周辺では、昔ながら(?)の物売りの姿もあった。四川名物のお菓子や、サトウキビのジュースなどが売られている。

DSC_5472.jpg

DSC_5473 (1).jpg

DSC_5476.jpg

上と下の写真に写っている串団子状の赤いものは、飴でコーティングしたサンザシの実である。とても、おいしい。

DSC_5478.jpg

驚いたのは「流し」の「耳掻き屋」がいたことである。巨大なピンセットのようなものをチャキーン、チャキーンと鳴らしながら歩き回っている。お客さんはそれを呼び止めて、適当なところで耳垢をとってもらう。話の種に自分もやってもらおうかと思ったが、あまりに道具が物々しいというか恐ろしげで、衛生状態もわからなかったため見送ることにした。

DSC_5480.jpg

DSC_5482.jpg

posted by 藤崎慎吾 at 19:39| Comment(1) | 日記

中国雑感3

SF大会で僕が関わった企画は講演、対談、座談会、サイン会の四つだった。対談とサイン会は中国語版『螢女』のプロモーションである。下の写真は版元である「科幻世界」のブースに並べられていた本――もう大会が終わるころに写したので、あまり残っていない。

DSC_5464.jpg

ノベルティなのか売り物なのかわからないが、『螢女』のトートバッグも置かれていた。

DSC_5463.jpg

サイン会の開始前――手前に座っているのは同じく大会に招待された小川一水さん。ツイート魔である小川さんは、大会の様子をリアルタイムに発信していた。それが「小川一水さんの中国旅行記」として、togetterにまとめられている。

DSC_5408.jpg

始まってみると、サインを求める人の列は3時間近くも途切れなかった。つまり僕は3時間近くも延々と、自分の名前を書き続けたことになる。一人で何冊も抱えてくる人がいた。半分くらいの人から「一緒に写真を撮ってくれ」と言われた。最後は頭がぼうっとしてきて、自分の名前すら書き損じそうになり、笑顔をはりつかせた頬が痙攣した。こんな体験は日本でもしたことがない。

1115_10 (1).jpg

翌日、行われた対談の相手は科幻世界の編集長、姚海軍さんである。姚さんは自身が自然の多い農村で育ったこともあって、『螢女』をいたく気に入ってくれたらしい。冒頭で中国語版『螢女』の表紙イラスト(直筆)をプレゼントしてくださった。わざわざ、このために再度、描いてもらったという。だから実際の表紙イラストとは、微妙に異なっている。

11月12日 (9).jpg

対談中は背景に日本語版を含めた『螢女』の表紙イラストや、舞台となった森の写真などをスライドショーで映してもらった。その中に米田絵里さんのイラストも入れてあったのだが、残念ながら写真としては残っていない。

11月12日 (8).jpg

僕がサインした本を開きながら聞いている人もいた。この写真は小川一水さんからご提供いただいた。

IMG_20171112_092755.jpg

対談後のツーショット――こうしてみると姚編集長は、かなりでかい人だった。

DSC_5462.jpg

ちなみに『螢女』を中国語に翻訳してくれた張真さんは、すごい美人である。

IMG_3531 (1).jpg

posted by 藤崎慎吾 at 18:59| Comment(2) | 日記

中国雑感2

SF大会自体も豪華だった。何しろ当局からお金が出ている。成都は中国の「SF都市」になることを目指している。省や市をあげての催しなのだ。最大のライバルは北京らしい。基本的に個人からの参加費とボランティアだけで運営されている日本のSF大会とは対照的である。

11月11日 (10).jpg

大会では「銀河賞」や「水滴賞」といったSF関連の賞も贈られたが、それぞれに10かそこらのカテゴリーがあった。作家はもちろん、映像関係者やゲームクリエイター、出版関係者など何人もが次々とトロフィーを手にしていく。その授賞式のステージ自体が、まるで芸能番組を見ているようだった。

DSC_5419.jpg

ドンドコ金色の太鼓を叩く金色のお姉さんたち。

DSC_5415 (1).jpg

透明な蝶が舞い始めたと思ったら……

DSC_5421.jpg

ミニスカのお姉さんらが「テーマソング」を歌い始めた。歌詞の内容は、とくにSFとは関係ないらしい。

DSC_5423.jpg

ムキムキのお兄さんらが「宇宙遊泳」を披露。

DSC_5434.jpg

ラッパーっぽいお兄さんたちは、声とマイクでパーカッションを響かせるビートボクサーだ。

DSC_5445.jpg

一通り贈賞・受賞が終わった後、最後に何校かの大学の「SF研究会」が壇上へと招かれた。これらの研究会の一つも銀河賞の受賞者である。たぶん活動内容を評価されたのだろう。

DSC_5450.jpg

彼らの存在は重要だ。なぜなら中国の出版関係者によれば、SFに限らず小説なんかを読んでくれるのは、大学生くらいまでだからである。働き始めれば中国人の多くは、いかに金を儲けるか、いかにビジネスで成功するかといった実用書しか読まなくなるらしい。人口が10倍だからといって、小説の読者も10倍いるとは思わないでほしいと、きっぱり言われた。さもありなん。

posted by 藤崎慎吾 at 18:11| Comment(2) | 日記

2017年11月19日

中国雑感1

「中国国際SF大会」に招かれて四川省の省都、成都市へ行ってきた。北京、天津、上海、重慶という直轄市に次いで重要な「副省級市」で、日本なら東京、大阪、名古屋という三大都市に次ぐ、京都、神戸、横浜クラスの都市――それでも僕の印象では、ニューヨークを思わせるような巨大都市だった。摩天楼が立ち並び、高級ブランド店が軒を連ねる大型ショッピングセンターや洗練された観光施設も、一つや二つではない。それでいて猥雑な裏通りも残っているところが、またニューヨークっぽいのだ。

DSC_5509.jpg

車もバイクも自転車も人もひしめいていて、それぞれの距離が怖いくらいに近い。強引な割りこみ、そこかしこで止むことなく響き渡るクラクション、怒鳴り続ける路線バスの運転手――事故も多いのだろうが、少々のトラブルなど物ともしないエネルギーに満ちている。金持ちは日本のヒルズ族以上と思わせられる一方、交差点の路上では物売りが堂々と商品を広げている(あまりに無造作なので、誰かが事故でも起こしたように見えた)。非常に重層的である。

DSC_5274.jpg

上はホテルから眺めた成都の夜景――PM2.5のスモッグで少しけぶっているところは『ブレードランナー』の世界を、ちょっと連想させられた。スモッグは冬になるとさらにひどくなり、マスクが欠かせないという。

DSC_5296.jpg

四川省は「美しい天府の国」と讃えられるのだが、上の写真は「天府広場」で撮った毛沢東の像――四川科学技術館の前に立っている。振り返ると下のような近代的な街並みが見渡せる。

DSC_5297.jpg

posted by 藤崎慎吾 at 23:23| Comment(1) | 日記